コーナーを丸くする「角落とし」を買った

レザークラフト用角落とし

レザークラフトの中で一番たくさん作っているのが名刺入れ。
作るたびにコーナーを丸くしなければいけないので、思い切って角を丸くするツール、いわゆる「角落とし(エンドポンチ)」を買った。

スポンサードリンク

角落とし(エンドポンチ)とは

角落としとは、革のコーナーを丸くするツール。
端落としとか、エンドポンチとも呼ばれている。

菱目打ちのようにポンチ上のもので、上からぽんと叩くことによって角を落とすツールだ。
20mm、30mmなどというように、コーナーの大きさによって何種類かが売られている。
SEIWAやクラフト社などのレザークラフト用品メーカーからも販売されているが、何にせよ高い。
とても高価なので、海外製の安価なものを楽天で購入した。

スポンサードリンク

購入したエンドポンチ

購入したエンドポンチはこれ。

格安角落とし

値段は9本で3,000円強。
5本で3,000円程度のものもあったが、たくさんある方が使い勝手もいいだろうと思い、9本セットを買った次第。
サイズは半径10mm程度のものから測定不能の大きなもの(半径50mm程度?)まで様々だ。

これまで購入した菱目打ちや穴あけポンチと比べると、金属むき出しといった印象だ。
使うにおいては支障はないが、とても安っぽい。
安っぽいのはいいにしても、このままだと錆びないかとちょっと心配になる。

角落とし(エンドポンチ)を使ってみた

実際に角落としを使ってみた。
使い方はとっても簡単。
コーナーにポンチを当てて上から木製ハンマーで軽く叩くだけ。

角落とし使用の失敗例

と思っていたのだけど、意外と簡単ではない。
ポンチを内側にセットしすぎると、写真のように変な段ができてしまう。

そして、初めて使ったときはなんと、錆止め油が先端に付いていたために、革に油がついてしまった。

よく拭いて使い直したが、油がないと錆びそうだし、油があると汚れが付着するし、難しい問題だ。

半径が大きな角落としは意外と使い物にならない

9本セットには、半径が大きな角落としが何本も入っていた。
これらが全く使い物にならない。

角の大きなエンドプンチ

というか、使い道がわからない。
役に立つのは、ベルトの先端を加工する時ぐらいだろうか。

役立ちそうなのは、一番小さいのとその次に小さなもの。
それだったら、SEIWAやクラフト社の高いものを買っても同じだった。
なーんて思ってしまう。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。