総マチ型名刺入れを自作した(2/2)

総マチ型名刺入れを作っている。
ここからは、縫い付けの工程だ。

スポンサードリンク

以前までの工程

前回までの名刺入れづくりの工程をざっと復習すると、

まず、型紙を作った。

↓↓型紙のダウンロードはこちら↓↓

その後、革を切り出し、菱目打ちをした。
そして、タンニンなめしの革を使いマチ用の革を、水で濡らしながら曲線を付けて、本体に貼り付けた。

スポンサードリンク

菱目打ち

接着したマチには菱目打ちが空いていない。
一方、本体側にはすでに菱目打ちが開いている。
なので、本体側の菱目打ちを目印に、マチの方にも菱目打ちで穴を開けていく。

直線のところは割ときれいに穴を開けることができたが、コーナーの部分は、少しずれてしまったので、一部菱ギリで穴を開け直した。
革のDIYは1mmずれていたら大きな問題になる。

縫い付け

革を縫い付ける

縫い付けは簡単。
穴に向かって針を通して縫うだけ。

反対側を貼り付ける

名刺入れの本体

次は、カード入れのパーツとマチを貼り付ける。
曲線なので難しいかと思ったが、こちらも思いのほか、と言ってもプロレベルには程遠いが、貼り付けることができた。

穴開けと縫い付け

マチには穴が開いていないので、貫通させなければいけない。
菱目打ちではなく、菱ギリで1つずつ丁寧に穴を開けていかねばならない。
なかなか骨の折れる作業であると同時に、スキルが要る作業だ。

菱ギリで穴を開ける

やはり何度か失敗してしまった。
だが、はじめての名刺入れの時よりは遥かにまとも。

全体の縫製

仕上げに、カブセ側の縫製を行う。

縫い目

こちらは、プロ縫製とまではいかないものの、かなり高レベルな縫い目に仕上がった。

ホック

仕上げに、ホックを付ける。
使用するのはバネホック中。
ホックを付けるのは初めてだ。

ホックには主にジャンパーホックとバネホックの2種類があり、ジャンパーホックはきつめでジャンパーなどに使うもの、対してバネホックは、強度は弱いものの、閉じやすいというメリットがあるらしい。

レザークラフト・ホックの取り付け

ホック打ちのDIYは初めてなので、全く要領を得ない。
メス側に関しては、部材を取り付け間違えてしまい、ペンチで無理矢理引き抜いた。
オス側はうまくくっついてくれず、何度も何度も強く打った。

完成

手作り名刺入れ

最後にコバを仕上げて完成。
素人かつ初心者なので、イマイチのところはあるかもしれないが、個人的には満足している。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。