ターコイズブルーのカードケースをレザークラフトで作成(1/2)

カードケースのホック付け

前回、赤色のカードケースを作って人に見せたら、あまりにも評判が良く、そのままプレゼントしてしまった。
手元には同じデザインのカードケースがないので、同じものを作ってみることにした。

スポンサードリンク

ヌメ革の染色

最初にヌメ革を染色しておく。
今回は、クラフト染料の、空色を使った。
クラフト染料の空色で染めると、ヌメ革が、ターコイズブルー色に染まった。
色が濃いからか革の性質のためか、裏面はそれほど何度も塗らなくてもきれいに染まった。

染め上がってじゅうぶん乾燥したら、レザーコートで銀面をコーティングする。
レザーコートを使用すると、革の質感がぐっと上がる。
床面は、トコノールを塗って、ガラス板で磨いた後、銀面と同様、レザーコートで仕上げておく。

のが正しい方法なのだけど、この時は何も知らなかったので、床面のコーティングを忘れてしまった。

スポンサードリンク

カードケースの型紙と革の切断

笹マチ型名刺入れの型紙(レザークラフト用)

型紙は、以前に作ったものを使用。

↓↓型紙のダウンロードはこちら↓↓

レザークラフトで作るカードケースの型紙

型紙をA4の紙にプリントアウトし、工作用紙に貼り付けて切り取る。

切断したヌメ革

そして今度は、工作用紙をヌメ革の上に当てて、ボールペンで目印を付けて切る。

角落とし

切り出した革は、角落としを使って、コーナーを丸くする。
角落としはネットで購入したもの。
簡単にコーナーを丸く切れるかと思いきや、意外と切断は難しい。

レザークラフト用角落とし

角落としを革の上から当て、菱目打ちのように木槌で叩くのだが、少しでもずれていると、コーナーがきれいにならない。
丁寧な作業が必要だ。

コバを整える

トコノール

革を完全に切断したら、あとからだと磨けなくなるカードの出し入れ部分などのコバを染色する。
小さなカップにクラフト染料を数滴垂らし、綿棒で吸い取った後、丁寧にクラフト染料を縫っていく。
そして、ウッドスリッカーできれいに磨く。

ホックの取り付け

次は、レザークラフトの中でも最も苦手な工程の一つ、苦手なホック打ち。

ホック打ち

オス側はそれほど難しくない。
8号のハトメ抜きで穴を開けて、パーツを組み合わせて叩けばすぐにホックが取り付く。
斜めになることは特にない。

問題はメス側。
15号のハトメ抜きで穴を開け、パーツをはめる。
そして、バネホック打ち小(メス用)を使って打つのだが、どうしてもボタン側のパーツが曲がってしまう。

失敗してしまうと、パーツを取り外すのにペンチを使わなければならず、そうすると必然的に革が伸びてしまう。

カードケースのホック

結局今回も、何度か失敗してしまった。

ホックの取り付けが終わったら、菱目打ちをし、縫い付けていく。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。