【改良版】ボックス型小銭入れを制作(ピンクと水色のツートンカラー)(2/2)

レザークラフトで作ったボックス型小銭入れ

レザーコートで、小銭が落ちにくいボックス型小銭入れを作るべく奮闘している。
小銭が落ちないようにするべく、今までに作った小銭入れと比べて、少しだけホックの位置を変えてチャレンジしてみることにした。

小銭が落ちないボックス型小銭入れを作るには

過去にレザークラフトで作った、ボックス型小銭入れ

最近作った小銭入れには、黄色のものや、焦茶色のものがある。
それ以前に作った数々の小銭入れもそうだが、振ると小銭が落ちる。

小銭が落ちないようにするアイディアとして、少しホックの位置をずらし、カブセと本体が、じゅうぶん重なり合うようにしてみた。

スポンサードリンク

使用したボックス型小銭入れの型紙

型紙の形自体は、これまでに作った様々な小銭入れと全く同じ。
なので、材料の切り出し方は、全く同じだ。

ボックス型小銭入れの型紙(図面)

唯一違うのは、バネホックメスの取り付け場所がほんの少し違うぐらい。
かぶせが重なるよう、1センチほどずらしてみた。

↓↓型紙のダウンロードはこちら↓↓

ここまでのレザークラフト

レザークラフトの下準備

ここまでに、染色した革の切り出しや、裏地の貼り合わせ、コバの処理など、基本的なことは終了している。

菱目打ち

菱目打ち

まず、革の外周に、菱目打ちを行う。
ずれないように、慎重に作業を行う。
菱目打ちは、友人に教えてもらった通り、左右ではなく、奥から手前に打つ。
奥から手前へ菱目打ちをすることにより、ずれにくくなる。

ホックの取り付け

今回のレザークラフトの肝と言える、ホックの取り付け。
いつもと位置を少しずらして取り付けてみる。

15号ハトメ抜き

まずはメス側。15号のハトメ抜きで、革に穴を開ける。
ホック付け、特にメス側のホック付は、とても苦手。
レザークラフトの中でも、もっとも苦手な工程のひとつだ。
いつも失敗する。

メス側のバネホック小

何度かの失敗を経てメス側のホックを取り付けたら、次はオス側。
型紙の上から、目打ちで目印を付け、8号ハトメ抜きで穴を開け、ホックを打つ。
オス側は、失敗することなく取り付けることができた。

マチの貼り付け

マチの貼り付け

マチを写真のように貼り付ける。
本体側には菱目打ちの穴が開いているが、マチ側には穴が開いていないので、本体側から穴を開ける。

菱目打したマチ

上の写真が、穴を開けた後の状態。

マチの縫い付け

次に、左右の辺を縫う。
左右の辺を縫うと、下の写真のように、小銭入れの原型ができる。

マチの縫い付け

次に、ボックス型小銭入れづくりの難関、菱ギリによるマチへの穴開けだ。
菱ギリの向きを変えないようにしつつ、外装の銀面に開けられている菱穴から、慎重に、息を止めるようにしながら、菱ギリで穴を開けていく。
どんなに慎重に穴あけしても、やはりずれてしまう。

菱ギリでの穴開け

写真で言うと、右側が本体の銀面になっている。
マチは微妙に反っているので、菱ギリは、垂直よりほんの少しだけ角度をつけなければならない。
そこがまた難しい。

完成

マチを縫って、コバを仕上げたら完成。

レザークラフトで作ったボックス型小銭入れ

見るからにお金が入りそうな小銭入れだ。
なんとなく歪んでいるような気もしなくもない…。

自作ボックス型小銭入れ

が、ホックを閉じて正面から見ると、それほど気にならない。
ホックの取り付け位置を手前にしたことにより、かぶせがほんの少し大きく見え、本体から飛び出そうに見える。
若干バランスが悪いような気がしなくもないが、振ってみるとたしかに小銭は落ちなかった。
「小銭が落ちない」というわけではないが、落ちにくいことには間違いない。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。