どこからでも開閉可能な4つボタン式コインケースの型紙 その1

4つボタン小銭入れ

たまに見かける4つボタンのコインケース。
四角形で、どの方向からも開けることができる便利な小銭入れで、ぜひレザークラフトで作ってみたいと思っていたが、型紙が全く浮かばなかった。
いろいろ考えて、やっとのことでどのような仕掛けになっているのか分かったので、型紙を作ってみることにした。

スポンサードリンク

4つボタン小銭入れとは

まずは最初にどのようなものを作りたいか説明する。
大きさは7センチ程度の四角形。
ボタンが4か所ついていて、どれかを開けるとコインケースになる。
別のボタンを開けても同様に中身を取り出せる。
つまり、どの方向からでも小銭を取り出せるという、魔法のようなコインケースだ。

スポンサードリンク

型紙の検討

これまでに何度か小銭入れを作ったが、完成していざ使ってみると、小銭が落ちてしまうという重大な問題に直面したことが何度かあった。
最も顕著なのが、ボックス型小銭入れだ。
今回はそのようなことがないよう、4つボタンの部分、いわゆるカブセのところが互いにかぶさるように設計してみた。

せっかくなので、曲面も多用してみた。

曲面のおかげで設計が難しくなった!

Illustratorの画面キャプチャ

型紙の設計にはCADではなく、AdobeのIllustratorを使っている。
詳しいことはわからないが、IllustratorのほうがCADよりも曲線、特にベジェ曲線を描きやすいような気がする。
それで調子に乗って曲線を使ったら、結局作図が難しくなってしまった。

何度かやり直して型紙自体はできた。
問題は、ホックをどのあたりにつけるかだ。
ホックの位置によっては、コインケースのサイズが変わったり見映えが変わったりするだけではなく、うまく閉じることができなくなる可能性すらある。

試作

ためしに床革で試作してみた。

4つボタン小銭入れの試作品

4つボタン小銭入れ

そしたら、ホックの位置がいまいちでうまく閉じなかったので、修正してみた。

できあがった型紙

できあがったコインケースの型紙はこちら。

4つボタンコインケースの型紙

うまい感じに曲線が出ていてかっこいい。
カブセ同士が重なっているのは好みが別れるところ。

今回も型紙をダウンロードできるようにした。
型紙のダウンロードは下のボタンから、自己責任でどうぞ。

型紙をダウンロードする

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。