タブレットケースを革細工で自作(1/2)

手作り革製タブレットケース

レザークラフトの創作意欲が止まらない。
ということで、タブレットケースを作ってみることにした。

スポンサードリンク

革をチョイス

まずは革をチョイス。
と言っても我が家には、コシのない黒い革とピンクの革しかない。
これらを組み合わせて、タブレットケースを作ることにする。

スポンサードリンク

デザインしてみる

デザインと言ってもシンプルなもの。
あえて言えば、外に持ち出すこともほとんどないので、簡単に取り出せたらいいということ。
なのでカブセは付けなかった。
ホックも付け方がよくわからないのでパス。
ただ単に出し入れできればいい。

手前にUSBケーブルを入れることができるポケットを付けてみた。

そしてピンクがかわいらしいので、コーナーはラウンド型にした。

型紙作成

型紙と言っても大したことない。
型紙は2つ、パーツは3つのみ。

タブレットケースの型紙

はじめてのレザークラフトだったカードケースの時のように悩むこともなく作成できた。

今回は、型紙を無料でダウンロードできるようにデジタルデータで作ってみた。

↓↓型紙のダウンロードはこちら↓↓

革を裁断する

柔らかい革を切るのは難しい

型紙を革の上に当てて裁断する。
革が柔らかくて動くので、とても難しい。

柔らかい革を切る

革は柔らかければ柔らかいほど扱いやすいと思っていたが、そうではないようだ。
後で友人に聞いたら、柔らかい革のほうが扱いが難しいとのこと。
はじめて革細工を行った時、縫製ですごく苦労したので柔らかい革はぎれセットなるものを購入したのだけど、後から考えればこれは誤りだったようだ。
ということなど全く理解せずに、この時は、ただただ難しいということばかり考えていた。

柔らかい革は、一発で切ろうとするとどうしてもゆがんでしまうので、薄くカッターを当て、何度か同じ場所に切込みを入れ、革を切ってみた。
これであっているのだろうか?

コーナー部分にカーブを付けるのも難しかった。
カッターの歯を強く当てても切れないし、ソフトに当てても切ることができない。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。