キーケースの型紙を作ってみた(車のスマートキー対応)

レザークラフトで作ったキーケース

これまでキーケースを作る必要性がなかったので特に作ってこなかったが、友人から制作を頼まれたので、作ってみることにした。

キーケースは初心者レザークラフトに向いている件

作っていくうちに、キーケースは、レザークラフトを始めたばかりの初心者にとても向いていると思った。
その理由は、

・わりと簡単に作れる
・やることが少ないので時間がかからない
・縫い以外にも、ホック止め、カシメ打ちなどのあるので、学びが多い

ということ。

このキーケース、作ろうと思えば、数時間で作れてしまう。
また、上に挙げたように、ホック打ちやカシメ打ちなど、レザークラフトでは基本となってくる工程が盛り込まれている。しかもそれぞれの点数は少なく、学びを得るのにぴったりだ。

今回は、基本的なキーケースから応用して、スマートキーを収納できるものを作ってみることにした。

必要な副資材

キーケースを作るにあたって、革以外に、
・糸
・バネホック
・キーを止める金具(3連とか4連とか)

が必要となる。

スマートキーをつけるなら、キーを止めるストラップをつけるカシメも必要となる。
キーを止める金具には通常カシメがついているが、長さが合わないことがあるので、準備しておいたほうがよいかもしれない。

今回作るのは、スマートキーホルダー付きのキーケース

キーケースに必要な革

ふつうのキーケースならもっと型紙を単純化できるが、オーダーを受けたのが車のスマートキーを収納できるタイプだったので、若干型紙が複雑化している。

スマートキーケースなしでキーケースを作るとなると、型紙も若干変更となる。

スマートキーを保持する方法

スマートキーを保持するために、今回はヌメ革を濡らして変形させる方法を使った。
ヌメ革は濡らすと柔らかくて変形しやすくなる。
乾くと、形が固定しやすいので、革のサイズを小さめに作った上で、革を濡らして、スマートキーを押し込んでおく。
すると乾くと、スマートキーがきっちり入る大きさになる。

ヌメ革を濡らして変形させる

本格的にやろうとするなら、型を作るのだが、型を作る技術もないし、そもそも一点物なので、この方法でじゅうぶんだ。
唯一注意するのは、濡らしすぎてスマートキーを水没させないことぐらい。

スマートキーケース付きの、キーホルダーの型紙

できあがったキーケースの型紙がこちら。
表記が英語になっているのは気にしないでください。

レザークラフトで作るキーケースの型紙

これだけではわからなさすぎるかもしれないので、いずれ作り方も載せようと思う。

型紙はいつものように無料でダウンロードできるので、ご自由にどうぞ。

型紙をダウンロードする

アマゾンギフト券について

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)