定番 ラウンドファスナー型長財布の作り方(4/4)最後の仕上げ

レザークラフトで作ったラウンドファスナー型長財布

ラウンドファスナー型長財布を作っている。
ここまでに外装と内装の必要な部材は全て作った。
すべての部材を縫い合わせれば完成となる。。

ここで一応、今回ラウンド型ロングウォレットを作成するにあたって使用したレザークラフト用の型紙を紹介しておく。
型紙はもちろん自作。

↓↓ラウンドファスナー型ウォレットの型紙↓↓

ラウンドファスナー型財布の型紙

いつものように、PDF化してフリーでダウンロードできるようにしてある。
型紙は以下の通り。

外装とカードケースの貼り付け

まず最初に、カードケースと外装を貼り付ける。

カードケースの貼り付け方

貼り付けると、ちょうど下の写真のようになる。

カードケースの貼り付け

これは完全なる自己流の作り方。
レザークラフト関連の書籍を見ていると、これ以外にも何パターンか作り方があるっぽい。

コインケースのマチと本体の貼り付け

次は、コインケースと本体を貼り付ける。

この工程はあまりにも難しいので、熱中しすぎてしまい、写真を撮るのを忘れた。

合成写真で説明すると、下のような感じになる。

コインケースの取り付け方

ちゃんとした写真撮ればよかった。
非常にわかりにくい。

一見簡単そうに思えるが、この工程は結構難しかったりする。

菱目打ちをする

コインケースを貼り付けたら、外周を菱目打ちする。

革が分厚いので、菱目打ちが真っ直ぐに打てない。
革漉きをしなかったら、革の分厚さは5ミリほどになる。
菱目打ち自体が深く食い込むし、打ちにくい。

菱目打ち

後から思えば、本体側とコインケースのマチにそれぞれ別々に菱目打ちをし、貼り合わせてもよかったのかもしれない。
今後の参考にすることとする。

縫い上がり

下の写真が縫い上がった状態。
やはり真っ直ぐには菱目打ちが打てていなかったので、クオリティーが下がる。

縫い上がり

ラウンド型長財布の完成

色んな意味で曲がりなりにも、ラウンド型ロングウォレットが完成した。
で、お金を入れてみると…。

札入れが深い。

深い。

札入れが深すぎる

お札が深く入りすぎ。
しかもなんとなく大きいような…。

型紙から要改良だ。

自作ラウンドファスナー型長財布

それでも、レザークラフトを始めた頃と比べれば、スキルは雲泥の差だ。
下の写真が、初めて作ったレザークラフト作品。

初めて作った名刺入れ

ラウンドファスナー型ロングウォレットが作れるようになるとは、初心者の頃には夢にも思えなかった。
なんとなく感慨深い。

アマゾンギフト券について

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)