レザークラフトでの染色の際は刷毛ではなく化粧用コットンを使っている件

化粧用コットン

最近、革を染色する時はもっぱら化粧用コットンを使っている。
どんなふうに染色するか、ちょっと説明してみたいと思う。

スポンサードリンク

使用している染料

クラフト染料

染色には、レザークラフトの定番、クラフト社のクラフト染料を使用。
水溶性の染料には、他にもSEIWAのローパスバチックなど何種類かあるが、個人的にはクラフト染料を愛用している。

公式には、染料と水を1:1の割合になるよう薄めて染色するべしとなっているが、そんなにきちんと希釈できないので、目分量でやっている。
そもそも、色が薄い染料と濃い染料では希釈割合が変わるような気がしなくもない。

スポンサードリンク

刷毛を使った染色方法

これまでは、レザークラフトの本に書いてあったように、刷毛で塗るような感じで染色を行っていた。
刷毛は安物をホームセンターで購入し、使用していた。

刷毛

具体的な手法としては、まず刷毛で革を濡らし、その後に革を刷毛で塗っていく。
この時、刷毛ムラができたり飛び跳ねによるステインができたりするとかなりギクッとするが、塗り重ねるたびに、意外と目立たなくなる。
というか、目立たなくなるまで何度も塗る。

染色した革

いつもは、何度も何度も塗り重ねて、裏から水が染み出してもさらに塗り重ね、染料が浸透しなくなるまで重ね塗りしている。
誰に習ったわけでもないのでこの方法が正しいのか全くわからないが、きれいに染まっているのでとりあえずよしとしている。

そして革を乾かす。
乾かすのは陰干しが理想。

なのだけど、つい焦って夏場は直射日光下、冬場はファンヒーターの前で乾かしている。
革が変なふうにカールしてしまうので、これは絶対オススメできない。

乾いたら次は床面を染色。
基本的には銀面と同様に染色していくが、床面は表面が荒れていて塗りにくかったりする。
こちらも銀面と同様、裏革に水が染み出るまで染色する。
裏革に水が染み出るまで染色しても芯通しにならないのはなんとも不思議だ。

そして再度革を乾かしたら、銀面床面とも同様のことを繰り返す。
つまり二度塗りだ。

この染色方法でも全く問題ないが、コットンを使用したほうがきれいになるという噂を聞きつけたので試してみた。

化粧用コットンでの染色方法

化粧用コットンで染色する場合も、刷毛の時と同様、まずは銀面を水で濡らす。
1:1に希釈した染料を薄いトレイに入れて浸すとよりきれいに塗れるという話も耳にしたが、そこまでは試していない。

コットンの場合は、けっこう力を入れて円を描くように塗る。
塗り始めは刷毛と同様ムラが出るが、徐々に目立たなくなる。

コットンの場合は、刷毛塗りよりも少ない線量できれいに濃く塗れるような気がする。
なので、コットンのほうが好み。

刷毛の場合もそうだけど、コットンの場合は尚更、手に染料がつかないよう使い捨ての手袋を使っている。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。