ファスナー用の型の作り方

ファスナー用の型

ラウンドファスナー型の財布や小銭入れを作るときになくてはならない「型」の作り方について書いてみた。

スポンサードリンク

ファスナー貼りには型が必須

ファスナーを使ってレザークラフトで、仕上げのクオリティを大きく左右するのが、ファスナーのズレ。
ずれていても意外と開閉できたりするが、きれいに貼れているのと貼れていないのでは、見た目に大きく差が出る。
ファスナーは、1ミリたりともズレてはいけない。

が、手で貼るとどうしてもズレてしまう。
そこで登場するのがファスナー貼り用の型。

スポンサードリンク

型の材料

1日にいくつもレザークラフト作品を作るプロは、耐久性の高い木型を作ってもらって使っているようだけど、個人的にはそこまでの耐久性は必要ない。
しかも、木型を作るのは、ずいぶんと敷居が高い。
なので、型を作るときは、いつも身近にある素材を使って作っている。

個人的に多用するのは、厚さ1ミリの分厚い紙か、発泡ポリエチレン。
どちらも加工しやすいうえ、ホームセンターで手に入る。

商品名的には、ポップコーアとかミラコーア。もちろんこれに限らなくても大丈夫。

何重にも重ねるので、多少柔らかくても重ねると意外としっかりして、耐久性も高くなるので不思議だ。

材料の準備

型紙

型紙は、ふつうの紙にプリンターでプリントアウトする。
そして工作用紙に貼り付けて、型紙の原型を作る。
その型紙で厚紙や発泡ポリエチレンに形を写し取り、切っていく。

3つの部材

型のベースとなる部材は、外側2つ、内側1つ必要。
内側の部材は微妙に小さくなっていて、ファスナーの金属部分がちょうどはまる大きさの分厚さとする。
なので、内側の部材は、基本的に4ミリあればちょうどいいと思う。

すべてできあがったら部材を貼り付ける。

ファスナーの貼り付け方

ファスナーを貼り付けるときは、まず、内装部材の銀面を内側にして型を包み込む。
そして内装部材がぐらつかないよう、大きなクリップで止める。

ファスナーの貼り付け方

ファスナーと内装部材の中央にはそれぞれ目印をつける。
そして、ファスナーの裏側3ミリ、内装素材のファスナーを付ける場所3ミリに接着剤を貼る。
ある程度乾いたら、中央の目印同士を合わせるようにして、まず中央からファスナーを貼る。
ファスナーがたるまないよう、ピンと張らせた状態で、ぐるっと貼り付ける。

そして菊寄せ。

菊寄せ・悪い見本

上のが悪い見本。
そして下のがいい見本。

菊寄せ・いい見本

菊寄せは難しいので、また別の機会に詳しく書いてみることにする。

というのが、ざっとファスナーの方の作り方と、利用方法でした。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

  1. 匿名 says:

    何に対して内側なのか外側なのか
    なんだか全然頭に入ってこない文章で困惑。。。
    申し訳ないけれどちょっと推敲し直したほうが。。。

    • 敏夫 says:

      申し訳ないです。。
      手元にいい写真がなかったのと、推定で書いているところが多々あったためわかりにくくなってしまいました。。

  2. 匿名 says:

    今まで作った物のエイジングの様子を見てみたいです!!

  3. ドカさん says:

    今日、初めてこちらを拝見させて頂きました。この様なサイトをずっと探していました。
    これからゆっくりと参考にしながら色々と作っていこうと思います。
    何か分からない事が出てくれば、質問させて頂きます。

    • 敏夫 says:

      ありがとうございます。
      喜んでいただけて幸いです。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。