ハート柄入りカードケース付きパスケースの作成

レザークラフト熱が止まらない。
今度は、手元にある革で、パスケース付きカードケースを作ってみることにした。

スポンサードリンク

ハートをモチーフに

トートバッグをDIYで作った時に、ハート柄の型紙ができたので、その型紙を流用して、女性らしい、かわいいデザインとしてみることにした。
と言っても、革はあまりかわいいものはない。
手元にある、茶色っぽい無難な革を使用することにする。

スポンサードリンク

パスケースの型紙

型紙を作るにあたっては、我が家にあった、パスケースのデザインを参考にしながら、ハートでオリジナリティを出してみた。
マチなしの、シンプルなカードケースにパスケースを付けるというデザインだ。
パスケースの部分をハートにして、カードを取り出しやすいよう、ハート部分はプラスチックで覆わず、くり抜き型としている。

出来上がった型紙がこちら

定期券入れの型紙

↓↓型紙の無料ダウンロードはこちら(絶賛公開中)↓↓

パーツの切り出し

直線部分の切り出しは簡単。
定規で切っていくのみだ。
「定規を当てて革を切断すると滑るのでよくない」
という意見もあるらしいが、レザークラフト初心者なので、定規を当てないと、とてもじゃないがまっすぐに切れない。

革の切り出し

ハート部分は、カッターを使って慎重に切っていく。
今回は、ハートを切り出すのではなく、ハート型に切り抜くので、慎重さは2倍だ。

切り出したパーツを組み立てと縫製

完成してからでは磨くことができない、カード入れや低布の挿入口、そしてハートの部分を、トコフィニッシュでコバ磨きしていく。
今回使用した革は、厚さ0.9mm。薄いので、若干磨きにくい。

次に、切り出したパーツに接着剤を張り、組み立てていく。

縫い間違い

ノリノリでパーツを組み立てていたら、1ヶ所、縫い漏れがあった。

縫いの途中

慌てて接着剤を剥がし、縫う。
すべて接着剤で貼り付け終わったら、全体をぐるりと縫う。

本体

今回は、マチがないので、縫製はとても簡単。

コバの処理

でき上がったカードケースは、コバを磨いていないので汚い。
なので、全体を時間をかけながら磨く。

コバ磨き前

時間をかけてもかけてもなかなかきれいにならない。

完成

完成した。

レザークラフト、パスケースの完成

むー、ちょっと女子向けではないかな。

でもなんとなく、ハートの向きが90度違うような気がする。
定期入れの開口部にハートの上部分が来てればよかったのに。

どうもイマイチ詰めが甘くて中途半端な作品が多い。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。