ハート柄入りトートバッグの作成(1/2)

ハートを革で作る

うちにはたくさんの「柔らかくてコシのない革」がたくさんある。
これまでいくつか作品を作ってきて、
「柔らかい革は扱いにくい」と思い始めていたところだ。

スポンサードリンク

友人からの暖かいアドバイス

「柔らかい革は扱いにくい」
とこぼしていたところ、
「マチなしかばんならできるんじゃない?」
とアドバイスを受けた。

柔らかくてコシのない革

「かばんなんてまだまだ先(遠い目)」
だったのだけど、せっかくなので挑戦してみることにした。

スポンサードリンク

ハートをモチーフに

今回は、ハートをモチーフにしながら作品を作ってみることにした。
まずはハートの型紙を作る。

ハートを描くのは難しい

実はハートを描くのはものすごく難しい。
フリーハンドで描けるわけがないので、Illustratorを使用。

ハート

それでもハートを描くのは簡単ではない。

ハートを切り抜き、貼り合わせる

なんとかベジェ曲線を駆使してハートを描いたら、プリントアウトして、それをボール紙の台紙に貼り付けて切り抜く。
そしてピンクの革にボールペンでハートを描き慎重に切り抜いていく。
4つもあったので、息を止めながら切り抜く作業はとても疲れた。

ハートを切り抜く

銀面を荒らす

銀面を荒らすにはいろんな方法がある。
紙ヤスリやドレッサーなど…。
自分の場合はカッターで荒らすのが一番簡単だと思うので、カッターを使う。

革の銀面を荒らしている様子

そして、ハートと銀面の両方に接着剤をつけ、乾かした後、両者を貼り合わせる。

接着剤で貼りあわせ

ハートに菱目打ち

貼りあわせたら、ハートに菱目打ちを行う。

菱目打ち

ハートは曲線が多いので、菱目打ちは主に2本菱目打ちを使う。
2本菱目打ちは少々コツがいるのでガタガタになるかと思ったが、思いのほか、きれいに打つことができた。

菱目打ちが完成したところ

次は本体を縫う作業だ。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。