ラウンドファスナー型小銭入れの型紙

レザークラフトで作る、ラウンドファスナー型小銭入れの型紙

以前に一度、ラウンドファスナー型小銭入れを作ったことがある。
当時は、レザークラフト初心者だったこともあり、大失敗。
なので、ラウンドファスナー型小銭入れのDIYはしばしやっていなかったのだけれど、少しはレザークラフトも上達したので、再度挑戦してみることにした。

スポンサードリンク

ラウンドファスナー型小銭入れを作ろうと思った理由

ラウンドファスナー型小銭入れを作ろうと思ったきっかけは、やはり以前に失敗していて、リベンジしたいということにある。
あと、友人から、次はラウンドファスナー型小銭入れを目指そうといわれていたのもある。

ラウンドファスナー型小銭入れサンプル

しかも、その友人からは、売り物レベルのラウンドファスナー型小銭入れを研究用に借りている。
上の写真が、友人がレザークラフトで作った作品だ。

ところで、レザークラフトの遠い目標は、ラウンドファスナー型長財布を作ることだ。
ラウンドファスナー型小銭入れと長財布は、工程が似通っている。
なので、練習にはちょうどいい。

ということもあり、ラウンドファスナー型小銭入れを作ろうと思い立った。

スポンサードリンク

ラウンドファスナー型小銭入れを徹底研究

今回は、友人に貸してもらっているこの小銭入れを徹底研究して、似たようなものを作ってみることにした。
穴の開くほど凝視して、分解したい衝動に駆られながらも、いろんな個所の形状や寸法を研究した。

友人が作ったラウンドファスナー型小銭入れ

借りているラウンドファスナー型小銭入れは、中央にマチなしの小銭入れ、そして左右にマチがついた小銭入れがある。
左右の小銭入れは、札を折り曲げれば入れれそうな大きさだ。

25センチファスナー

そしてラウンド型のファスナー。
長さは25センチの物を使用していると思われる。
ラウンド型の半径は、1.5センチ。
ちなみに、もう一点我が家にある別のラウンドファスナー型小銭入れでは、半径は1センチだ。

全体の大きさは、約10センチx7センチ。
ということは、折り曲げ部分を考慮すると、外装に必要な革の大きさは10センチx15センチだ。
長手方向を折り曲げて使うことになる。

裏地の長手方向は、はこれより少し小さな、144~146ミリあればよい。

内装の中央部は、外装より少し小さめの、幅9センチとした。

ラウンドファスナー型小銭入れの型紙

実際に試作した型紙を使ってみると、少しおかしなところがあったので、二度ほど修正した。
そしてできあがった型紙はこちら。

ラウンドファスナー型小銭入れの型紙

外装、内装、コインケース、マチの4枚の型紙からできている。
意外と1枚1枚の型紙は小さい。

この型紙を使用したレザークラフト

このラウンドファスナー型小銭入れの型紙を利用して作った作品はこんな感じ。

レザークラフト・作品

これで小銭入れを量産できる。

型紙のダウンロードについて

いつものようにPDFの型紙を無料でダウンロードできるように公開した。
型紙の利用に当たっては、自己責任でお願いしたい。

型紙をダウンロードする

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

  1. 匿名 says:

    型紙ありがとうございます!!

    • 敏夫 says:

      使っていただけて光栄です!

  2. 敏夫 says:

    型紙を使っていただけて光栄です!

  3. take says:

    型紙ありがとうございます。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。