レザークラフトで作る、手帳型スマートフォンケースの型紙

スマホケースの型紙

以前制作したiPhoneケースを知人に見せたところ、
「同じものを作ってほしい」
と言われたので、型紙を最適化してみた。

スポンサードリンク

手帳型スマホケースの汎用性

今回依頼を受けたのは、iPhone 7のケース。
なので、以前制作したものは、iPhone 6のものだ。iPhone 7とiPhone 6、実は全く同じ大きさだ。
レンズの位置だけが微妙に異なる。
なので今回は、前回の反省を踏まえた小改良以外は、ほとんど形は同じだ。

そもそも、スマホはどれも大きさが大きく変わるものではない。
なので型紙も、このiPhoneケースのものを若干サイズ変更すれば、どんなスマホでも使いまわせるはず。

注意したいのは、レンズの開口部。
レンズの開口部の位置はスマホのサイズによって違うので、注意が必要だ。
サイズが全く同じなiPhone 6とiPhone 7でさえ、レンズの位置は違う。

スポンサードリンク

ダウンロードにあたって

型紙のダウンロードは無料でできるようになっています。
が、利用にあたっては、あくまでも自己責任でお願いします。

手帳型スマホケースの基本的な仕組み

手帳型スマホケースと言えば、もはや説明の必要が無いだろう。
手帳のような形をしていて、中身を開くことによって通話やネットをしたりするタイプの形だ。

レザークラウトでスマートフォンケースを作る場合は、市販のプラスチックのケースと革を接合して制作することになる。
この、革とプラスチックの接合がポイント。

革とプラスチックの接合は縫製で

レザークラフトを自分より先に始めた大先輩の友人によれば、接着剤やテープでの接合は、強度的に不安なので好ましくないとのこと。
剥がれないようにするためには、縫い付けるのが一番とのことだ。

ということを踏まえて、前回のiPhoneケースの型紙と同じように縫い付けタイプを使用した。

が、はじめてiPhone用のケースを作った時、縫い付け穴に問題があり、iPhoneが入らないという大失態を犯してしまった。
なので、この点は留意が必要だ。

プラスチックケースと革の縫い目には、カードケースができる。
一石二鳥だ。

カードケースはその他にも多数あり

スマートフォンケースのカードケース

その他にも、カードケースはたくさんある。
裏地との間にできるカードケースが2箇所、ロングウォレットのようにカード段を作ってできるカードケースが3箇所だ。
とてもマルチな収納となっている。

フラップの位置

前回iPhoneケースを作った時は、フラップが長かったこともあるが、フラップの位置とレンズの位置が干渉して、写真を取ろうとすると、フラップが映り込んでしまうという失敗があった。
なので今回は、フラップの位置をより中央に近づける必要がある。

スマホケースの型紙

以上を踏まえてでき上がった型紙はこちら

レザークラフトで作る、スマホケースの型紙 レザークラフトで作る、スマホケースの型紙

作りとしてはiPhone 6のものと全く同じだが、フラップの形を若干大きくしている。
あと、縫いのレザークラフトをしやすいように、全体を若干大きさを大きくした。
使い手からすれば、ケースは小さければ小さいほうがよいだろうが、小さくすることによって縫い目が乱れるのもかっこ悪いという、まさに自分勝手な考えからだ。

スマホケースの写真

今回の型紙を踏まえて制作した、スマートフォンケースの写真がこちら。

自作スマホケース

実際にスマホを入れると、下のような感じになる。

レザークラフトで作った、iPhoneケース

今回も、型紙をpdfでダウンロードできるようにした。

型紙をダウンロードする

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

  1. 匿名 says:

    レザークラフト初心者です。ケースづくりを探し貴サイトを見つけました。
    スマホケースづくりで教えていただきたいのですが、プラスチックケースと
    革の縫い合わせはどのようにするのでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。