ラウンド型小銭入れに再度チャレンジするも失敗

シンプルな小銭入れ

前から作りたいと思っていた、レザークラフト製ラウンド型小銭入れ。
ついこの前、ラウンド型小銭入れを一度作ったが、コーナー部分の半径がきつすぎてファスナーが閉まらないという決定的なトラブルに見舞われた。
なので今回は、コーナーを緩めにして、閉めやすい形状としてみた。

スポンサードリンク

ラウンド型小銭入れの型紙

ラウンド型小銭入れの制作は難しい。
特に型紙が難しい。
マチと外装をどのようにくっつければよいかわからず、前回はとても苦労した。
前回の小銭入れの形状は、レザークラフト初心者にはちょっと難しいのではと考え、今回は寄りシンプルな構造としてみた。

具体的には、今回は内装を設けず、マチとファスナーを直接縫い付けることにした。
マチもW形状ではなく、シンプルな形状のマチを4枚使用することにした。

でき上がった型紙はこんな感じ。

ラウンド型小銭入れ(失敗)の型紙

型紙はたったの3枚、部材となる革は4枚というシンプルなものだ。

スポンサードリンク

下準備

型紙の切り出し

いつものようにボール紙を革に乗せ、革の上をボールペンでトレースし、ボールペンの線に沿って革を切り出す。
そして床面をトコフィニッシュで仕上げ。
本体の外周のコバは、ファスナーを付けると磨けないので、あらかじめ磨いておく。

マチの取り付け

内装部にマチを取り付ける作業は、言葉で書くと簡単。
だが、菱目打ちがまっすぐに入らずガタガタになってしまった。
見るに堪えないレベル。

ラウンドファスナー型小銭入れのマチ

どうせ練習用なので、見るに耐えないが、そのまま進める。

ファスナーの取り付け

内装ができたら、外装。
ファスナーの端部の処理はいつものように単純に折り曲げるだけ。
正しくは三角形に折るのだけど、いまだよくわかっていないので、単純に織り込むだけとする。

外装の内側に接着剤を塗り、乾いたところでファスナーを貼る。
乾く前にファスナーを貼って接着剤がはみ出てしまったことがあるので、ここは要注意ポイントだ。

ファスナーを貼ったらマチと外装を縫い付ける。

と、ここで内装を小銭入れに入れると、

なんと、

入らないことに気づいた。

コインケースの全貌

内装が大きすぎる。
つまり失敗!!

内装がでかすぎる

意気消沈。
使えないものを作ってしまった。

一気にやる気なくした。
やはり、ラウンド型小銭入れを作るレザークラフトスキルは、まだないのだろうか。

小銭入れの内側

仕方がないので、内装がない、シンプルな小銭入れとした。
見た目は何となくいい感じ。
これでも一応使いみちはあるだろう。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。