マチたっぷりな名刺入れをいくつか作成

初めての革細工で作った名刺入れは、マチがグチャグチャだったり、サイズが小さすぎたりして失敗といえるものだった。
なのでリベンジと勉強を兼ねて、改良型名刺入れを作ることにした。

スポンサードリンク

まずは型紙

型紙はCADではなく、ボール紙に直接書いて作った。
材料も少なく、そのほうが簡単だったので。
なので残念だけど、ダウンロードできるような型紙はアップできない。

スポンサードリンク

革の切り出し・コバ磨き・菱目打ち

このあたりの工程は他のレザークラフトと一緒。
特に難しいことはない。

マチの取り付けで失敗

しばらく、と言ってもたった数週間だけど、カードケースを作っていなかったらマチの取付方法をすっかり忘れていた。

で、思わずマチの接着位置を間違えてしまった。
という愚かなことを二度も繰り返してしまった。

カードケースの正しいマチの付け方

 

こうしてしまった

革への縫い付けミス

しかもそのうちの一度は、マチを貼り付けてしかも縫い付けてから気づく始末。
自分のことながら笑える。

正しくマチを付け直し、貼り付けていない部分のマチも付ける。
順番としては、

両側のマチを本体の端っこに接着して縫い付ける

ぐるっと折り返して縫う

マチは縫い付けも難しい

レザークラフトの縫い方

ぐるっと折り返した箇所は、マチの部分に穴が開いていないので、錐で穴を開けていく必要がある。
「革縫い工具基本7点セット」には丸ギリが入っていたが、レザークラフトでは菱ギリと呼ばれる穴が菱形になったきりのほうが便利だ。
なので、こいつを購入。
これでよりきれいに穴を開けられるはず。

「穴を開けるときは、コルクなどをマチの中に噛ませて開けるとやりやすい」
と友人に教わったが、やはり穴を開けるのが超難しい。
結局穴がガタガタになってしまった。
つまり縫い目もガタガタ。

縫い目

一度穴を開けてしまうと、ほんのゼロ点数ミリ横に穴を開けるのが難しいので、そのまま進める。
ガーデニングDIYだったら少しぐらいずれても大丈夫なのに、レザークラフトはシビアだ。

できた!

自作名刺入れ

ということでできたのが写真の作品。
マチの部分を縫い間違えたので、余計な縫い目がある。
しかも真ん中が妙に大きくて野暮ったい。

リベンジ

 

再度手作り名刺入れ

縫い目が汚いとかいろいろあったもののなんとかできた。
奥深き、レザークラフトの世界…。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。