ラウンド型小銭入れの作り方を確立すべく緑色のものを制作(2/4)

マチと本体

レザークラフトでのラウンド型小銭入れ。
正しい作り方をマスターすべく、練習している。

スポンサードリンク

ラウンドファスナー型小銭入れはもう何度も作っている件

これまでに作ったラウンドファスナー型小銭入れ

ラウンド型小銭入れは、もう何度もレザークラフトで作っている。
茶色のものをはじめ、赤色のものや、焦げ茶色のものと続々と制作している。
それぞれの写真は、上のリンクや、前回のレザークラフトのページから確認することができる。

スポンサードリンク

前回のレザークラフト

前回のレザークラフトはこちらに書いたが、このページでも下記にさっとおさらいしておく。
前回は、染色を行ったヌメ革から部品を切り出した。

革の繊維方向

簡単なことだと思っていたが、ヌメ革の繊維方向が思いもよらぬ方向になっていて、危うく材料が切り出せないところだった。

型紙に沿って切り出した革は、すべてのコバを染色した後、磨いた。
意外と磨く面が多く、時間を取られた。

使った型紙

今回使った型紙も、これまでの作品と同じものを使っている。

今回のオリーブ色のコインパースを作った後、マチの形状に問題があることに気づいた。
具体的には、マチの中央部の形状が異なる。
今回の作品では頂点がとんがっているのだが、実際に完成してマチを折り曲げると、みっともないことになってしまう。
下の型紙は、修正後のもの。

ラウンドファスナー型小銭入れの型紙

↓↓型紙のダウンロードはこちら↓↓

 本体の折り曲げ

ここからが今回のレザークラフト。
まず、コインケースを2つに折り曲げる。
コインケース用に切り出した型紙は、9センチx10センチ。
長手方向を2つに折りたたみ、9センチx5センチにして、しっかりと折りぐせをつける。
折り目のところを水で濡らすと、折りやすいうえに、折りしわが付きにくい。

本体をマチで包み込む

次に、本体の両側に、マチを取り付ける。
マチの中央部1センチと、本体の両端5ミリは、あらかじめやすりなどで荒らしておく。

本体とマチの両者に接着剤をつけ、乾いたところで、両者を圧着する。
左右対称に取り付けるのが意外と難しかったりする。
この部分の作り方のコツがあればいいのだけど…。

マチをコインケースに接着した様子

よくわからないので、そっと取り付けながら少しずつずらして帳尻を合わせる。
そして一気に圧着。

マチへの菱目打ち

マチを取り付けたら、両端を菱目打ちする。
デバイダーでケガキ線をつけ、ケガキ線に沿って菱目打ちをする。

隙間

今回のレザークラフトでも、案の定、隙間ができてしまった。

菱目打ちも、ほんの少しでもずれると、裏側が残念なことになってしまう。
直線にするのはもちろん、垂直に打つのも大事だ。

コインケースとマチの縫い付け

マチへの菱目打ちにが終わったら、マチとコインケースを縫い付ける。
ここは特に注意点はないし、作り方で悩むこともない。

コインパースの内装

縫い付けると、上の写真のような状態となる。
これで内装はできあがり。
続いては、ラウンド型小銭入れ作成の本番中の本番、ファスナーの取り付けだ。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。