黄色ファスナーの赤いラウンド型小銭入れ(4/4)

レザークラフトで作ったラウンドファスナー型小銭入れ

レザークラフトでラウンド型小銭入れを作っている。
はじめてラウンド型小銭入れを作った時、ありえないほどの大失敗をして、もうラウンド型の作品はコリゴリだと思っていたところ、型を使ってファスナーを貼ればうまく貼れるということがわかったので、DIYで作ってみることにした。

スポンサードリンク

ここまでのレザークラフト

準備した革

ここまでに、革を染色して、型紙を作って、革を切り出すなどの、基本的な工程は終えている。
内装の組み立ても終わっている。

スポンサードリンク

ラウンド型小銭入れの型紙

今回使用した型紙はこちら。
実は今回のレザークラフトの後、型紙を若干調整した。
下の画像は、調整済みのもの。

ラウンドファスナー型小銭入れの型紙

↓↓型紙のダウンロードはこちら↓↓

 

ファスナーの貼り付け

ここからが今回のレザークラフトだ。

型の外周に、内装を裏向きにして、ぐるりと挟み込むような形にして、クリップで止める。
少しでもずれるとファスナーがずれるので、正確に取り付けるように心がけるが、それが意外と難しかったりする。

レザークラフト、ファスナー貼り

きちんと革をクリップで固定したら、外周に接着剤を貼る。
そして、接着剤がじゅうぶんに乾いたら、包み込むような形でファスナーを貼る。
革と布はくっつきやすいとはいいにくいので、ファスナーの表面にも接着剤を塗ったが、接着剤を塗ったおかげで、やり直しが難しかった。

菊寄せ前

ファスナーのコーナーの部分は最後に貼るので、先の直線部分のみを革に貼り付ける。
すでに直線部がよがんでいるような気がしなくもない…。

菊寄せ

コーナーの部分には、菊寄せというテクニックを使う。
菊寄せとは、ファスナーのひだが、まるで菊の花のように細かく折られていいる状態のこと。

テクニックは知っているが、経験が圧倒的に少ない。
今回は、すべてのコーナーで、菊寄せを失敗した。

レザークラフトでのファスナー貼り

ファスナーを貼り終えたのが上の写真の状態。
白色の補助線のように、やはり歪んでる。

外装の貼り付け

続いて、外装を取り付ける。
外装が内装に対して微妙に小さいのか、折り曲げてもファスナーのところまで届かない。
皮を引っ張り、半ば伸ばすような感じで、強引に取り付けた。

内装の方には穴が開いていないので、外側から、外装の菱目打ちの穴を目印にしながら、菱目打ちで穴を開ける。

ラウンドファスナー型の外装

外装を取り付けたら、一気にラウンドファスナー型小銭入れらしくなった。

組み立て

内装と外装

これで、ラウンドファスナー型小銭入れの外装と内装ができた。
あとは両者を組み立てるのみ。

外装の内側、ファスナーがついている部分の、マチを貼り付ける部分を、あらかじめ荒らしておく。
荒らした箇所とマチの両者に接着剤を塗り、乾いたところで両者を貼り合わせる。

マチの貼り付け

貼り合わせる箇所は、計4箇所。
ずれないように慎重にレザークラフトを行う。

縫い合わせ

マチへの穴開け

すべてを貼り合わせたら、外装側からマチに穴を開ける。
総マチ型名刺入れや、ボックス型小銭入れを作るときと同じ手法だ。

縫う工程

穴を開けた部分を縫っていく。
全部縫えば完成。

ラウンド型小銭入れの完成

ラウンド型小銭入れが完成した。

レザークラフトで作ったラウンドファスナー型小銭入れ

写真ではよくわかりにくいが、ファスナーがかなり歪んでいる。
友人が作った黒色の小銭入れと比べると、差がよく分かる。

まあでも、ファスナーも上がるし、大きな不具合はない。
もう少し練習して、よいものを作れるようになろう。
今回はこれでよしとする。

ファスナーの取り付け

 

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。
現在管理人がコメントのテストをしながら運用中です。
お見苦しいことがありますこと、ご容赦ください。

内容をご確認の上、送信してください。