初めてのボックス型小銭入れの作成:縫い付け(2/2)

ボックス型コインケースの作成その2。
前回までに、型紙の作成を終えた。

スポンサードリンク

前回までのあらすじ

ボックス型小銭入れの型紙作成。
型紙の作成は、困難を極めた。
紙で試作品を作り、何度か試作の型紙を作り、実際に革で試作品を作ってみたりと、とにかく難しかった。
しかも、中学校で習った三平方の定理まで使用しないと、型紙作成は難しい。
まさかレザークラフトに三平方の定理が出てくるとは…。

型紙はこんな感じ。

ボックス型コインケースの型紙

↓↓型紙は、こちらからダウンロードできます↓↓

スポンサードリンク

ホックを付ける

ジャンパーホックを取り付けた

切り出した革にホックを付ける。
ホックは、バネホックだと足が届かないので、ジャンパーホックを利用した。

本体とマチをあわせる

マチを濡らし、材料を曲げる

まずは本体の全体に菱目打ちをする。
まだマチは取り付けていない。なので、この穴は、あくまでも目印となる仮の穴。

水で濡らしたマチを曲げる

次に、マチになる部分を濡らし、本体と接着する部分を曲げる。
マチは、加工しやすいよう、厚さ約0.5mmの部材を用いた。
おかげで、曲げるのも用意だ。
しかも革は、濡らすと曲げやすくなる。

曲げたマチと本体の真ん中の両方に接着剤を塗り、ほぼ乾いた頃に、互いをくっつける。

穴を貫通させる

菱目打ち

そして菱目打ちをし、穴を貫通させ縫っていく。
今回はピンク色の糸を使った。

ピンクの色でコインケースを縫う

ヌメ色とピンク色は、コンビネーションがいいような気がする。
経年変化のことを思えば、白い糸のほうがよいのだろうか?

斜線部分の工程

縫いを終えたら、台形の斜辺と本体の右側に接着剤を塗り、乾いたらお互いを貼り付ける。

マチの貼り付け

理論上は互いの寸法はあっているのだが、ほんの少しズレてしまう。
細かな技術が要求される、なかなか難しい作業だ。

菱目打ちで穴を貫通させる

斜線部分は菱目打ちで穴を開けることができないので、1本1本菱ギリで穴を開けながら縫っていくことになる。
菱ギリでの穴開けはすぐにズレてしまうので、かなりの技術を要する。
もう何度も同じことをやっているが、未だにミスを犯してしまう。
本の1箇所だけ、0.数ミリずれただけで、全体の見た目が悪くなってしまう。

マチの縫い付け

左側も、本体とマチの斜線部分に接着剤を縫って貼り、穴を開けながら縫うという同様の作業を行う。

完成

全てできた。
何となくコバに色を付けてみたくなった。

手作りボックス型小銭入れの完成

つい数日前に買った、クラフト染料を綿棒の先につけ色を塗ってみたら、糸の色とも相まって、可愛らしくなった。

色を塗ったらコバをよく磨いて完成。

汚いコバ面

なのだけど、コバから接着剤がはみ出ていた部分は、染料の色が乗らず、磨いてもきれいにならない。
染色するとこういう問題が出てくるとは思いもよらなかった。

また技術を高めるために修行せねば。
レザークラフトの奥は深い。

感想、コメントなど

間違いの指摘や感想があったらお知らせください。
強い口調で言われると凹むので、お手柔らかにお願いします。

お名前は特に書かなくても大丈夫です。メールアドレスも不要です。

内容をご確認の上、送信してください。